台湾文学史 - 葉石濤

台湾文学史

Add: qihuhep14 - Date: 2020-12-09 22:05:08 - Views: 3970 - Clicks: 3026

とくに尊敬するのは、1987年に単独で《台灣文學史綱》という台湾文学史を書いたことです。 それは初めて台湾人が自分の手で書いた台湾文学の歴史です。 この展覧会はもう終わってしまいましたが、 台湾文学館の近くに葉石濤文学記念館があります。. Amazonで石濤, 葉, 石涛, 葉, 勝, 西田の台湾男子簡阿淘(チェンアタオ)。アマゾンならポイント還元本が多数。石濤, 葉, 石涛, 葉, 勝, 西田作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 高雄市政府文化局 : 國家台灣文學館籌備處. 葉石濤著「台灣文學史綱」に日本語訳本「台湾文学史」の中島利郎, 澤井律之による註解を加えたもの. 136. 葉石濤先生の座談——「語られ始めた現代史の沃野」 もう一つ、1980年の台湾旅行で忘れられないことがある。 初めて葉石濤さんにお会いしその.

日譯本の書名: 台湾文学史. 123 講演 国史館と台湾史研究 張 炎憲. 自序; 卷一、江夏侯驚夢保山 顏思齊敗謀日本; 卷二、蔡善繼出海招安 盧毓英陸鵝被獲.

108 書評 施正鋒著『台湾原住民族政治與政策』 石垣 直. の道であつた,と述べている。葉石濤は本書の最終章で。1980年代に入って はじめて,大陸と異なつた「濃厚な地方的色彩と特有な創作使命」を持つもの としての・台湾文学。という概念が確立さ帆と述べているから・郷土文学 論争はいわぱそ1した意味で. 11 Description: iii, 305, xxp ; 22cm Authors:.

台湾文学史 フォーマット: 図書 責任表示: 葉石濤著 ; 中島利郎, 澤井律之訳 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 研文出版,. 台湾文学史 台湾文学史 - 葉石濤 / 葉石濤著 ; 中島利郎, 澤井律之訳 Format: Book Reading of Title: タイワン ブンガクシ Language: Japanese Published: 東京 : 研文出版,. 序章 台湾文学航海図(下村作次郎・河原功) 日本における台湾文学研究/台湾文学史の時代区分. 葉石涛 | 年01月20日頃発売 | 平凡な小学校教員・簡阿淘は、突然、特務警察によって「政治犯」として逮捕され、非公開の密室裁判を経て投獄される。簡阿淘の波乱に満ちた半生を通じて、戒厳令下の台湾の人々の日常生活や社会的・政治的苦悩を鮮やかに描き出し、二二八事件に端を発する. 台湾文学史に灯りを灯す者―葉石濤 余欣蓓 104; 戦後台湾文学の守護者―鍾肇政 簡弘毅 106; 作文人生の師―王鼎鈞 張俐璇 108; ある世代の寂しさを描き出す―白先勇と『台北人』 呉達芸 110; ゆっくりと精巧に書かれた反逆の古典―王文興と『家変』 呉達芸 112. 76原文:皇民化運動的浪潮越來越洶 湧的時候,有些作家在理念上認同了殖民地政府的政策,走向親日的路。如周金波的、。 3 葉石濤(1990)『台灣文學的悲情』(派色文化)p. (1)たとえば葉石濤の『台湾文學史綱』に見られるように,50年代の反共文学は,台湾人 作家たちが言語上の障碍もあって手を出せなかったこともあり,ほとんど台湾文学に被 害のみもたらして価値のないものという描き方がされる。 香川大学経済論叢. 葉石濤全集 = The collected works of Yeh Shih-t&39;ao.

葉石濤(1925~)及びその作品について考えるうえで、「日本」はひとつのキーワードとなりうるであろう。 葉の経歴を特徴づけるものとして、台湾文学史上戦後第一世代作家だということがあげられる。すなわち日本統. 本研究は、日本統治期の台南における文学活動を、台湾人作家を中心に、台湾の古都台南がどのように表象されたのかという観点から研究するものである。日本統治期の台南は、台北や台中ほど文学活動が盛んではなかったが、台湾の歴史が凝縮された古都、台湾人が人口の多数を占める街とし. 原著者である葉石濤、ま料的裏づけにより、実証的な訳注と解説、索引とは中島、澤井両氏による葉石濤への質疑応答と資郎、澤井律之訳によって出版された。この邦訳著 台湾文学史綱 』 (彭瑞金序、中国語. 台湾文学史 資料種別: 図書 責任表示: 葉石濤著 ; 中島利郎, 澤井律之訳 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 研文出版,. 台湾文学史 Format: Book Responsibility: 葉石濤著 ; 中島利郎, 澤井律之訳 Language: Japanese Published: 東京 : 研文出版,. 論葉石濤之『台湾文学史網』的重要性輿問題点, 『葉石濤及其同時代作家文学国際学術研討会論文集』 台湾高雄 春暉出版社(年2月), 葉石濤(1925~)著『台湾文学史網』(1987)は、台湾で出版された唯一の台湾文学史である。. 台湾文学史 - 葉石濤のページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。 Pontaポイントもつかえて、お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!.

は じめに 1987年 に出版された葉石濤1の 『台溝文學史綱』2は、最初のまとまった台湾文学史で ある。第一章 「先史時代の台漕」から第七章 「八〇年代の台溝文學」までの八章を「台湾. 弦(一九三二て戦後の台湾文学の隆盛を準備した䉚 - )の仕事を中心に論じて している。第二章の後には動が文学場の形成に及ぼした影響を考察的変遷の分析を通じて、文学キャンプ活救国団が始めた〇年の文学キャンプ史役割を担う第二章いる。. 附録: 葉石濤≪台灣文學史綱≫日文版解説(中島利郎・澤井律之著, 彭萱譯), 葉石濤≪台灣文學史綱≫文學年表 (彭瑞金).

2 葉石濤()『葉石濤全集17』「台灣文学史綱」(高市文化局)p. 葉石濤作 ; 鄭炯明, 陳坤崙策劃 ; 彭瑞金主編. 台湾におけるモダニズム文学の萌芽 二人の人物と二冊の雑誌 久下景子 1. 台湾文学作家である葉石濤()の像。 台南出身で臺南州立第二中学校卒業。 戦前は、西川滿の「文藝台灣」の編集助手、戦後は小学校教師をしていた。. そんな台湾文学界を、鍾肇政さんは『台湾文学史綱』を書いた葉石濤さんと先頭に立って歩んでこられた。 この記事は有料記事です。 残り1112.

境外の文化 : 環太平洋圏の華人文学. 台湾研究で避けられないのは、白色テロなどに遭遇した「元政治犯」たちとの出会いだ。その一人が、1970年代前半の台湾訪問で知己を得た農民. 第一章 台湾新文学の黎明―「揺籃期」の文学(中島利郎) 葉石濤の『台湾文学史綱』から/「揺籃期」の文学/啓蒙家としての張我軍. 葉石濤というと、すぐ『台湾文学史綱』1が連想される。『台湾文学史綱』は戦前・戦後の台湾文 学を関連づけ、一つの縦の流れとして台湾文学を捉えることに成功した初めての文学史と評され るもので、一般に葉石濤の代表作とみなされている。楊照など. 129 石田浩理事長追悼 石田浩先生を偲ぶ 若林 正丈.

陳芳明編『二二八事件学術論文集』、台湾出版葉石濤『台湾文学史綱』、台湾文学雑誌社出版社李筏峯『台湾戦後初期的民意代表』、自立晩報究(一九四六-五一)』著者自印鄭梓『本土精英与議会政治、台湾省参議会史研二八、白色テロ)『人間」創刊. 台湾文学史 - 葉石濤のページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。 Pontaポイントもつかえて、お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!. 葉石濤作品に見られる日本文学の影響 ―太宰治を中心に― 戸田 一康. 葉石濤 (中国語版) は、明の鄭氏に触れる伝記文献の中で、『台湾外記』は首尾一貫しており、すこぶる価値のあるものだ、と評価している 。 書目章巻.

台湾文学史 - 葉石濤

email: orulujit@gmail.com - phone:(386) 513-6846 x 9111

独習・統計学24講 医療データの見方・使い方 - 鶴田陽和 - 課長島耕作 弘兼憲史

-> 今治市1(吉海・宮窪・伯方・上浦・大三島・関前)・上島町 2012
-> 男声合唱組曲 方舟<改訂版>

台湾文学史 - 葉石濤 - 三井喬子 牛ノ川湿地帯


Sitemap 1

19マインド - 近藤明子 - 情報分析術